通学タイプの教習所

運転社会に出ると、どうしても車が必要となります。通勤や仕事はもちろん、日々の生活においても車を利用する機会は多いものです。その車を運転するには、自動車運転免許が必要となり、取得するにはほとんどの場合、自動車教習所へ通うことになります。教習所では、実技や学科の教習を受け、仮免許学科試験や卒業検定を経た後、運転免許試験場での本免許学科試験となり、これに合格すれば晴れて運転免許が手に入るという流れです。

教習所には大きく分けて2つあり、一つは一般的によく知られている通学タイプの教習所です。これは自宅から通う教習所で、特徴としては、スケジュールを教習生が自分で決めるという点が挙げられます。学校や仕事などの隙間を見つけて、教習所へ通っている人は少なくありません。通学タイプの場合、そういった自分の都合に合わせて通えるというメリットがあります。

ただ、その分、卒業までの期間は2~3ヶ月、もしくはそれ以上と長めになり、費用もそれに伴い高くなるのがこの通学タイプの教習所です。しかし、免許取得を急いでいない人や、日々の生活の中で、なかなか時間が取れない人にとっては、自分のペースで通えるこの通学タイプが合っていると言えるでしょう。

合宿免許の選び方

教習所今や、車は生活を送る上でなくてはならないものとなりました。通勤や通学、仕事や買い物など、生活のどの場面においても車が使われます。人や物を運び、好きな時に好きなところへ行けるこの車ですが、それを運転するにはまず自動車運転免許が必要となります。運転免許を取得するには、教習所へ通わなければいけません。そしてこの教習所ですが、自宅から通う通学タイプと、泊まり込みで教習を受ける合宿免許があるのです。

通学タイプの特徴としては、自分の都合でスケジュールを組めるという点があります。教習所へは仕事や学校の合間を利用して通うわけですから、その仕事や学校、生活への支障が最低限に抑えられるのが通学タイプのメリットと言えます。

一方の合宿免許ですが、こちらは逆に、スケジュールやカリキュラムは教習所側がすべて用意し、教習生はそれに従い実技や学科を修得していくという仕組みです。そのため、合宿免許は通学タイプのものよりも短期間での免許取得が可能となり、それこそが合宿免許最大の特徴とも言えるのです。

合宿免許は全国各地にあり、その地域ごとの特色を持っています。合宿免許選びのポイントとしては、その地域にしかないレジャーが楽しめるという点があります。マリンスポーツや温泉などのスパ、冬であればスキーといった様々なレジャーが充実しているのが、最近の合宿免許の特色と言えます。このサイトは、合宿免許選びとレジャーについて説明します。