合宿免許とレジャー

温泉短期間で卒業でき、また費用も安い合宿免許ですが、選ぶ際のポイントとしてはどのようなものがあるのでしょう。合宿免許は全国各地にあり、ちょっとした旅行気分が味わえるのも楽しみとなっています。ただ、どうせ行くのであれば、教習時間以外のプライベートが楽しめる教習所を選びたいものです。

合宿免許を選び方としては、レジャーが充実しているかどうかが大きなポイントとなります。そのレジャーですが、教習所のある地域によっていろいろなものがあります。例えば、海に近いところであればマリンスポーツ。山間部であれば温泉に入れる合宿免許であったり、行ってみたい観光地があれば、その近辺の合宿免許を選ぶのもいいでしょう。

また、変わったところでは乗馬体験やスキー、果物狩りなどができるところもあり、その地域特有のレジャーを元に合宿免許を選ぶのも楽しいものです。通学タイプの教習所にはない醍醐味が合宿免許にはあります。普段経験できないレジャーを体験でき、免許取得もできるわけです。学生であれば、学校の長期休暇、また社会人であれば、会社の有給休暇などを利用して合宿免許を利用する人が増えています。免許取得の手段として、これを機に合宿免許も考えてみてください。

合宿免許の魅力

泊り込み教習所の種類として、2つ目は合宿免許があります。この合宿免許は文字通り、合宿して免許取得を狙うという教習所です。この合宿免許は地方に多く、その教習所が用意した宿泊施設に泊まり込み、そして教習所が決めたスケジュールに沿って教習が全て進んでいくというもので、目的は同じでありながら、教習の受け方は通学タイプと大きく異なります。

合宿免許は朝から夕方まで、じっくりと教習を受ける仕組みになっていて、そこに教習生の都合は入り込めません。そのため、通学タイプと比べはるかに短い期間で免許が取得できるのです。教習所によって違いはありますが、ほぼ2週間で卒業できるようにカリキュラムが組まれています。

合宿免許は卒業までが短期間ですので、費用も通学タイプよりは安く設定されています。また、合宿免許の立地はのどかな環境にあるところが多く、初期投資額も低く抑えられるため、それも費用が安い理由の一つとされます。そして、合宿免許の大きな魅力としては、短期間ですが見知らぬ土地で生活することになりますので、プチ旅行気分のように、合宿免許とレジャーを一緒に楽しめることです。また全国各地から教習生が集まってきますので、友達も思い出も増えるところも合宿免許の大きなメリットと言えるのです。